<< 郵政改革、官への先祖返り=大島自民幹事長(時事通信) | main | 亀井氏「愛している女性に鍵を渡してなんで悪い」(産経新聞) >>

スポンサーサイト

  • 2010.06.15 Tuesday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


公明、参院選で他党推薦せず…非公式協力は容認(読売新聞)

 公明党が夏の参院選で他党との選挙協力を見送る方針を地方組織に伝えていたことが27日、分かった。

 他党の候補者は推薦しないが、国会議員や地方議員らが非公式な形で協力することは認める。党執行部は、選挙協力の見送りについて、5月上旬に正式表明する方向で調整している。

 公明党は2月下旬、地域ブロックを担当する国会議員による「方面議長会議」を開き、地方組織レベルも含め、他党とは選挙協力を協議しない方針を確認した。方針は方面議長を通じて、各都道府県本部代表に伝えられた。

 新方針を決めたのは、夏の参院選を控え、自民党の地方組織から推薦を求める働きかけが始まったためだ。

 公明党は与党時代には、国政選挙で、ほとんどの自民党候補を推薦してきた。しかし「選挙区選で協力しても、比例選で十分な見返りが得られていない」との不満が支持者からは出ていた。新方針により、選挙区選で自民党候補への投票を見送る動きが出てくると見られ、自民党にとって痛手になりそうだ。

 一方で、自公協力が順調に行われてきた九州地区などを中心に反発する声も出ており、都道府県本部独自の判断で、推薦や支持することを認めるよう求める動きが出てくる可能性もある。

ミカン130本を小学校に植え「所有権」主張(読売新聞)
都内最大級 暴走族の「大田連合」壊滅状態(産経新聞)
水俣病 和解へ…闘いに苦渋の決着(毎日新聞)
「違法拘束で採尿」覚せい剤事件の男性無罪(読売新聞)
足利事件再審 裁判長の謝罪全文(産経新聞)

スポンサーサイト

  • 2010.06.15 Tuesday
  • -
  • 07:52
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
sponsored links
リンク
無料ホームページ
探偵社
クレジットカード現金化 比較
競馬情報
探偵
selected entries
archives
recent comment
  • アイドルの名前使い、幼なじみから1350万詐欺(読売新聞)
    志波康之 (01/14)
  • アイドルの名前使い、幼なじみから1350万詐欺(読売新聞)
    ソルバルウ (01/04)
  • アイドルの名前使い、幼なじみから1350万詐欺(読売新聞)
    サキューン (12/30)
  • アイドルの名前使い、幼なじみから1350万詐欺(読売新聞)
    晶太郎 (12/21)
  • アイドルの名前使い、幼なじみから1350万詐欺(読売新聞)
    きんちゃん (12/18)
  • アイドルの名前使い、幼なじみから1350万詐欺(読売新聞)
    パイン (12/14)
  • アイドルの名前使い、幼なじみから1350万詐欺(読売新聞)
    俊之 (12/05)
  • アイドルの名前使い、幼なじみから1350万詐欺(読売新聞)
    れもんサワー (11/21)
  • アイドルの名前使い、幼なじみから1350万詐欺(読売新聞)
    土屋浩平 (11/01)
  • アイドルの名前使い、幼なじみから1350万詐欺(読売新聞)
    溜め五郎 (10/24)
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM